海外に移住して住所が無いなら私書箱を利用すべき

海外に移住して日本に住所がなくなると日本で送られてきたクレジットカードや保険の書類、その他もろもろの郵送先住所が無くなってしまいます。家族が日本にいるのなら良いのですが、家族のいない人にとって日本に住所がないということは非常に大きなデメリットです。

またたとえ家族と言ってもプライバシーの問題から自分あての書類などは見られたくないものですよね。
そんな時に役立つのが「私設私書箱」です。

郵便局の私書箱と私設の私書箱は異なりますのでご注意ください。
私設私書箱のサービスは届いた荷物を本人の代理で受け取って、引き渡してくれるんです。

なので海外に移住しても書類の郵送先を私設私書箱にしておけば荷物を代理で受け取ってくれるんです。
そしてこれは私書箱のサービスによって異なるのでしょうが、海外までEMSなどで届いた荷物を送ってくれる業者もあります。

なので海外に移住して住所が無いなら私書箱を利用すべきだと思います。
また海外に移住する人で私書箱を利用すると得な理由は他にもあります。

それはネット通販です。ネット通販の需要は年々高まっていますが、海外にいると日本のネット通販が利用できないんですね。正確には海外まで荷物を送ってくれないんです。

なので一回間に私書箱をかまして、そこに通販で購入した荷物を届けてもらって私設私書箱業者から届いた通販商品を海外まで送ってもらうようにすれば日本の通販を存分に利用できるんです。

海外に行けば日本製品のクオリティの高さに改めて気づくはずです。
でも海外では購入出来ないというジレンマに悩まされるのです。
そんな悩みをいとも簡単に解消するのが私設私書箱の存在なんですね。
一応申し込みをする際には海外でも利用できるか。海外への荷物の郵送が可能かを確認すると良いでしょう。

お金がなくて悩んでいるなら金融業者から借りれば良い

お金がなくて悩んでいるのなら金融業者からお金を借りれば良いと思います。
これには色々な意味が含まれています。

もし借金することをためらっている人がいるのならそのためらいは捨ててしまいましょう。
生きている以上、想定外の出費が出ることもあるものです。

頑なに借金を拒否していては生活が困窮し、その場をしのぐことが出来なくなります。
借金が嫌いな気持ちはわかりますが、借金する事しか選択肢が無いのならそれを選択すべきです。

借金することに対して抵抗感があるという考えがあれば借金したとしてもすぐに返済して借金まみれになることはないと思います。

次に借金したくても借金出来ない人です。こういった方はちょっと残酷かもしれませんが債務整理を検討したほうが良いでしょう。お金が借りれないということは債務超過、すなわち多重債務者である可能性が高いです。

多重債務の方がその場しのぎで何とかお金を調達したとしても、一時的なしのぎにしかなりません。
根本的な解決は借金することによっては解決できないので、すぐに債務整理の手続きをすると良いでしょう。

債務整理に対して抵抗感を覚えるのは仕方のないことですが、今後も借金地獄に苦しみ悪徳業者から借金をして取り返しのつかないことになるぐらいなら潔く債務整理をしたほうが良いです。

例えば自己破産すればその後しばらくブラックリストにはのりますが、借金はゼロになります。
人生をリスタート出来るんです。人生にたらればはないといいますが借金に関してはゼロに戻せるのです。

それだったら是非ともじり貧の状態を継続するよりも潔く債務整理の手続きを実行しましょう。
なお借金はできるけど嫌悪感から借金したことが無いという方は今すぐお金を借りるというサイトで業者を見つけると良いでしょう。大手の優良業者しか紹介されていないので安心、安全にご利用いただけます。

 

浮気の悩みに打ち勝とう

信頼しているパートナーの浮気が気になって仕方がない。
そう悩んでいる方は多いと思います。

浮気しているのかしていないのか。
相手が警戒心が強い人間だとなかなかわかりません。

下手に相手の携帯電話などをチェックすると逆に逆鱗に触れ、
あなたは攻撃の対象となってしまう可能性があります。

中途半端な浮気調査は大きな代償を払わなければならない結論になりかねません。それでは浮気の悩みを解決すべく白黒をはっきりさせたい場合はどうすればよいのか。

それは信頼の出来る探偵事務所に浮気調査を依頼することです。
彼氏の浮気調査で紹介されている原一探偵事務所は評判が高いですね。

探偵もピンキリなので原一探偵事務所のように知名度があり、テレビでも取り上げられているようなところを選ぶのが良いでしょう。

お金は結構必要になるのかもしれませんが、パートナーの浮気が黒か白かはかなりの高確率ではっきりとさせることが出来ると思いますよ。

実際に私の友人も浮気調査を依頼して黒だとわかり、離婚訴訟を提起して慰謝料を支払ってもらい、すっきりすることが出来、悩みを解決することに成功したと言っていました。

まぁ費用は90万ぐらいかかったそうですが・・・・
でも何もわからず不信感だけが募ってストレスを溜めるよりもある程度お金を払って浮気をしているか否かをチェックしたほうが精神衛生上良いと私は思います。

恋の悩みに打ち勝とう

恋の悩み、一番厄介ですね。
がんばったからといって良い方向に行くものではないので。

人と人が好きになりあうことは奇跡だと思います。
子供の頃、子供ながら自分の好きな子とお互いが好きになりあうことってなんて難しいのかと思ったものです。

子供の頃って大人みたいな妥協って一切ないですよね。
妥協で付き合うとか好きになるとかってないですから。

大人でも本気で好きになった時は同じような症状になります。
だからこそ相手の心を自分に向かせることはとても難しいんです。

上手くいくかどうかは本当になんともいえませんが、恋の悩みがある時に失敗しようが成功しようが恋の悩みに打ち勝つ方法があります。

それが「今やるべきことはいつも以上にがんばる」ということです。
恋の悩みを持っている人の多くが悩んでいるだけに他の事に手が付かないと言っている人が多いです。

でもこれって悩む時間が増えるだけで良くないんですよね。
しかも自分自身の成長もないですし、魅力のない人間に成り下がってしまうんですよね。

恋の悩みを持っているからこそ今まで以上に今やらなければいけないプロジェクトに心血を注ぎ、恋の悩みを考えている暇がないぐらい追い込んでがんばる。

そうすると自然と悩みから解放されてくるものなのです。
あとあれこれ考えなくなるので思い切った行動をとることが出来ます。
またがんばることで人間力がアップしますので魅力も高まります。

もちろん今やるべきことをやったとしても恋は成就しない場合もたくさんあります。
でも恋をしていた時間を有意義だと感じることが絶対に出来るはずです。

そして成功しようが失敗しようが恋の悩みに打ち勝つことが出来るはずです。

薄毛で悩んでいる方へ

薄毛で悩んでいる方は非常に多いです。

特に男性ですね。
日本の人口の約1200万人以上がAGA(男性型脱毛症)で悩んでいると言われています。

男性型脱毛症(AGA)なんて単語が流行り出したのもなんか最近ですよね。
今まではなぜ薄毛になるのかということ自体あまり解明されていなかったのですが、ここ数年で科学技術が進歩し、男性型脱毛症(AGA)のメカニズムはかなり明確化しました。

非常に簡単にいうと髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンが働くことにより、薄毛が進行してしまうんです。通常髪の毛には成長期、退行期、休止期という期間がありそれで一周期のヘアサイクルになります。

成長期は通常なら2年から6年あるんですが髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンが働きAGAになると2年から6年ある成長期が数か月から1年と短くなってしまうんです。

これって大問題ですよね。ヘアサイクルが大いに乱されることになります。
髪の毛の成長期が一気に短くなるのです

髪の毛の成長期が短くなるってことは太くてコシがあり強い髪の毛に育つことがなく、志半ばで抜け落ちてしまうんですね。ヘアサイクルの乱れ、主に成長期が極端に短くなることで抜け毛のペースが加速して薄毛になってしまうんです。

でも最近の科学技術の進歩により髪の毛の成長を阻害する男性ホルモン自体を生成させないようにする薬が発売されるようになったのです。飲む育毛剤として今話題のプロペシアの登場です。

プロペシアを服用すれば、髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されにくくなります。

これによって成長が阻害されていた髪の毛が今まで通り普通に成長し、ヘアサイクルがもとに戻るんです。その結果、抜け毛が減り髪の毛が増えていくんです。

実際にプロペシアを利用して薄毛を改善している人がかなり多いので、試してみる価値は十分にあるでしょう。ただあくまで男性ホルモンの働きを抑制する薬なのでAGA(男性型脱毛症)以外の薄毛には効果はありません。必ず病院などでチェックしてAGAだと認定されてから使用してくださいね。

もちろんプロペシアは医薬品なので病院で処方してもらうのが一般的です。薬局では買えないのでその点は覚えておいてくださいね。どうしてももっと気軽に手に入れたいという方は個人輸入をすると良いでしょう。

ただ一人で個人輸入の手続きをするのは手続きが煩雑なので個人輸入代行業者を利用してプロペシア通販することがおすすめです。ただし最初はしっかりと病院に通ってプロペシアの効能や副作用、安全性についての説明を受け、AGAであるか否かの判断をしてもらってから利用するようにしてくださいね。

重症急性膵炎で悩んでいる方へ

私の親友が重症急性膵炎で悩んでいます。
急性膵炎のひどいもので、膵液が体内の臓器を溶かしてしまうという病気です。

一般的にアルコールの過剰摂取や脂質などの取りすぎによって引き起こされる場合が多いのですが、
原因が不明なケースが多いのもまた事実です。

重症急性膵炎になるとまず入院が必須になります。
そして絶食です。お水を飲む事さえも許されません。

体内のアミラーゼという酵素の値が下がるまではずっと入院です。
アミラーゼの値が低下してくるのと平行に少しづつ水を飲むことが許可されてそして流動食に移ります。

なお退院がOKされても今後の人生でアルコールは一切禁止となり、食事制限も付きまといます。
脂質は一日21グラムに制限されます。

どちらかといえばマイナーな病気ですが相当辛い病気です。
そして膵炎が発症した時の痛みは想像を絶する激痛に見舞われます。

そんな話を友人から聞いたのですが友人は笑って話していました。
本人は「命があって良かった。生きていることに感謝しているよ」といっていました。

なんかこの言葉がグサッとささりました。
困難な状況に見舞われてもそれをさらっと言ってしまう器量の大きさに感動したんです。
食事制限で脂質はあまりとれないけどお寿司とかはOKだからこれからは日本中を巡って日本一おいしいお寿司屋さんを探す旅をするのが夢だと語っていました。

そして絶対に重症急性膵炎を克服すると誓っていました。
強いですね。本当に尊敬しました。

少しづつでも良いので症状がよくなり回復してほしいと心から思っております。
ちなみにこの記事を読んでいる方で重症急性膵炎にかかったことがあるかもしれませんのでアドバイスを。
知っているかもしれませんが、重症急性膵炎は国から難病指定されております。
東京都なら都に申請すれば重症急性膵炎での診察や治療代が全て無料になるので申請してみると良いでしょう。

ただ注意しなければならないのは全ての書類を揃えて申請した日からの分が無料になるだけでさかのぼって無料になるものではないということを覚えておいてください。

もし身内がいなければ申請しようがないじゃんというやや不可解な制度なので重症急性膵炎と診断されたら身内の方がいれば身内の方に頼んですぐに難病指定の申請をして下さいね。

治療費がかからないえれば負担は軽くなるはずです。
こうしたちょっとしたことの積み重ねをすることが大切だと思います。

あとは負けない心ですね。私の友人みたいに。

保証人が見つからないで悩んでいる方へ

保証人が見つからない・・・ 切実な悩みです。

でももう少しすればその悩みは解決の方向に向かうかもしれません。

おそらく近いうちに保証人制度を見直す民法大改正が行われますから。 先進国にも関わらず保証人制度という悪制度をずっと維持し続けたことに対して怒りを覚えています。

一体どれくらいの方が善意で保証人になり、そして自己破産や自殺に追い込まれたことか。

保証人を依頼するほうも依頼されるほうも不幸になる保証人制度を一日でも早く全面改正して欲しいと願っている毎日です。

脳科学者である茂木健一郎さんも保証人制度には大反対していますよね。 茂木さんのおっしゃることってバランスが取れていてとても合理的ででも優しさがあるから素晴らしい人ですよね。

茂木さんの連続ツイートを観たいがためにツイッターをやっているマニアな私です。

話しが大分脱線してしまいましたね。

保証人制度なんてなくても全然、世の中は機能するので早く撤廃すべきです。 もちろん不動産賃貸をしているオーナーサイドからしてみれば保証人の存在は自己の利益を守るために必要なのかもしれませんが、それは入居する際の保証金を多く入れる事で非常に簡単に解決することが出来るものであります。

賃貸はお金で部屋を借りるのでお金を積み立てればリスクなんて避けられるはずです。 でもそうしたら客の足が遠のくと反駁されることでしょう。

しかしながら客の足が遠のいて良いと思うのです。 保証人制度を保証金制度に変更することにより自分の身の丈にあった物件をみんなが借りることになりみんなが無理のない生活をすることが出来ると私は思います。

フランチャイズを展開する際の保証人なども自己の不動産を担保に入れれば良いと思います。 人に保証人に頼むという発想を捨てれば捨てたで代替方法はいくらでも浮かんでくるはずです。

世の中で当たり前として認識されていることがどれだけ当たり前じゃないか一人一人が知ることが大切ですよね。 当然だと思われていることが周りから見たらどれだけ異常なことであるかを良く学ぶことが重要です。

これは保証人制度だけにかぎったものじゃないですが。

なお金融の保証人制度も最悪ですね。 保証人ってみんな口にしますが実際は連帯保証人である場合がほぼ100パーセントで、 連帯保証人って債務者とほぼ同じ責任を負うことになるから保証人になった時点でありえないぐらいの借金を背負うことになるんです。

金融の保証人については悪徳金融業者が保証人に担保付の不動産を抵当に入れる事を条件に多重債務者に融資するケースがありますが、本当に悪徳ですよね。

最初から主債務者から回収をすることを想定せずはじめから保証人の不動産担保狙いな訳ですから。

こういったただ営業許可を得ているというだけの悪徳金融業者がはびこると不幸になる人がどんどん増えます。 借金は悪い事ではないと思うのですが、人的な担保はなしで融資する必要があると私は思います。

保証人が見つからずに悩んでいる方は多いかと思いますが、なんとか現状を打破する民法が改正され保証人制度がなくなるように団結して行動するのが良いでしょう。 もっとも今すぐに保証人が必要だという人もいるので私のいう事がとても無力な事は十分に分かっていますが・・・